フライヤー印刷を発注する際に気を付けなければならないことは注文内容の吟味

単価が決まる仕組み

フライヤー

単価を安くする工夫をしよう

業者にフライヤー印刷を依頼するときには見積もりを取っていくらかかるのかを見て発注するかどうかを決めるのが基本です。安くしたいというのは最もなことで、基本的には単価をいかにして下げるかという視点で考えることが必要になります。見積もりを見てみると依頼したフライヤー印刷の枚数に単価をかけるという形で計算されているからです。単価を下げるためには仕組みを理解しておくと役に立つでしょう。多くの業者では原価計算をして利益幅を確保することにより単価を定めています。それに加えて繁忙期にはスケジューリングも加味されることが多く、印刷スケジュールを組みやすい小ロットが割安になることもあります。ただ、基本的には大ロットの方が印刷を始めたら放っておけるので単価が安くなる仕組みになっていて、数万枚くらいのフライヤー印刷になると数百枚のときの半分近くまで単価が下がるも少なくありません。また、原価で考えられているので単色よりも二色刷り、二色刷りよりもフルカラーの方が高くなります。フライヤー印刷の場合には薄くて安い普通紙を選ぶことが多いですが、上質紙などを選ぶと高くなってしまうことは否めません。また、納期についても短いほど高くなるので、一日でも延ばせるのであれば遅くても良いという形で依頼をすると単価が下がります。このように工夫できるところはたくさんあるので、フライヤー印刷のコストを下げるためにできる限りの努力をしましょう。

Copyright© 2020 フライヤー印刷を発注する際に気を付けなければならないことは注文内容の吟味 All Rights Reserved.