フライヤー印刷を発注する際に気を付けなければならないことは注文内容の吟味

他の印刷との違い

印刷

標準のサービスが違う

フライヤー印刷は他の印刷と何が違うのかが気になる人もいるでしょう。フライヤー印刷は安価で薄い用紙に単色刷りで大量ロットの印刷をするのに力を注いでいるサービスです。さまざまな印刷サービスを提供している業者でもフライヤー印刷というメニューがよくありますが、基本的にはこのようなフライヤーに求められる印刷設定を標準としているのが特徴です。用紙もフライヤーに向いているB5やA4が標準的になっています。大量印刷の割に納期が短いのもフライヤー印刷に共通する点で、配布したい時期が差し迫っているケースが多いことを考慮したサービスになっています。ただ、あくまでこのような印刷設定がフライヤーに一般的に求められているだけであって、全くその通りのフライヤーを印刷したいと考えているとは限らないでしょう。フルカラーのフライヤーにしたい、光沢のある用紙に印刷したい、コンパクトなA5サイズが良いといった形でさまざまな可能性が考えられます。ほとんどの印刷業者ではこのような希望に沿って対応してくれるので心配はありません。その内容に合わせて見積もりを出してくれるでしょう。ただし、フライヤー印刷の標準の印刷設定はかなり単価を安くするものになっています。そのため、安くしたいから設定を変更するという場合には率直に業者に聞いてみるのが適切です。ロット数を増やしたり、納期を調整したりすることによって安くしてくれる可能性が十分にあります。

Copyright© 2020 フライヤー印刷を発注する際に気を付けなければならないことは注文内容の吟味 All Rights Reserved.